風景に建立する茶室 
可動茶室 K U-S H I

可動茶室 KU-SHI

 

「可動茶室」は、竹田アートカルチャーが企画する「竹田アート茶会」にて、DABURA.m 株式会社 一級建築士光浦高史により設計された「動かせる茶室」
たった一つのパーツ「KU-SHI」によって組み上げられる。
組み方により、つくられる形には、無限の可能性が。
素材は無垢の大分産スギ。
組んだ時の「シュッ」と嵌る感じが気持ちよい。
「KU-SHI」による「可動茶室」はどこにでも現れ、その場所との不思議な関係性を築く。
 


可動建築の宴に出展します。

 

可動茶室KU-SHIによる別府公園茶会

2019年4月7日(日曜日)、4月14日(日曜日)11時00分~13時30分まで

8つの可動建築で公園にちいさなまちをつくります。
さまざまなFOOD、ARTで活躍するプレイヤーが集い、春の別府公園を楽しい場にするイベントです。
竹田アートカルチャーは、この「可動建築の宴」に可動茶室KUSHIを用いた別府公園茶会を開催します。


11時~12時
別府公園に茶室を建立するワークショップ


可動茶室KUSHIは大分県日田杉のパーツで簡単に、組み上げられます。当日のご参加者と一緒に可動建築を建立するワークショップです。

12時30分~15時30分

春を感じる桜茶と和菓子を楽しむ茶会

春の別府公園にて、桜茶と和菓子にておもてなしいたします。

喫茶料 500円 (予約不要)

可動茶室にて、春を感じる桜茶を楽しむ別府公園茶会。

イベント詳細

春の別府公園を舞台に、「カドウ建築の宴」と称し、パブリックスペースの「可動建築」による活用を目指した有志による社会実験を開催致します。別府公園の芝生広場の一角に様々な「可動建築」を展開し、フード系のお店やアーティストに出展してもらい、ワークショップなども実施。公園を市民にとってより親しみのある楽しい場所に変えてゆくことを試みます。  近隣の方、家族連れの方、休日をゆったりと過ごしたい方など、様々な方にご来場いただき、「可動建築」のある別府公園を楽しんで頂きたいと思います。
※可動建築とは?・・・移動可能な屋台や組み立て式の家具など、容易に持ち運びができて、簡単に「居心地の良い場所づくり」ができる空間作りツールのことです。DIYによっても作成でき、市民による自発的なパブリックスペース活用に役立てられます。


カドウ建築の宴in別府公園
日時:4/7(日),4/14(日)
時間:10:30~15:30
主催:DABURA.m株式会社「カドウ建築貸シ間ス」プロジェクトチーム
後援:株式会社大分銀行
協力:混浴温泉世界実行委員会
可動建築出展:大分大学建築学コース有志「木酔野郎チーム」・オレクトロニカ・竹田アートカルチャー・別府Ontenna・Camping With Soul Japan株式会社

 


会場

可動茶室による別府公園茶会運営:竹田アートカルチャー実行委員会