pa280525.jpg pa280528.jpg pa280530.jpg pa280538.jpg pa280541.jpg pa280539.jpg pa280544.jpg pa280579.jpg pa280600.jpg pa280586.jpg pa280597.jpg pa280606.jpg

【新見隆茶会「魯山人を語る」】
竹田の文人、田能村竹田がたしなんでいた文人文化の中で行われていた「煎茶会」は、お茶の作法ではなく、茶室にさまざな人を招き、議論する「場」だったといわれています。今回、その文人文化を継承し、竹田市立図書館を会場に、大分県立美術館OPAM館長の新見隆氏を茶亭主に迎え「魯山人を語る」をテーマに、ディスカッション形式の茶会を開催しました。魯山人の作品や生きざま、美学について、知ることができる貴重なお茶会となりました。